あなたも、一緒にソフトボールをやりませんか?

お申し込みは こちらへ

2011年12月23日

忘年会で個人賞発表

12月22日(木)、スクンビット・ソイ22にある玄風館で、KBの忘年会が行われました。

福岡では有名な、もつ鍋とホルモン焼肉の店だそうです。


大いに盛り上がった頃、KBの2011年度の最優秀選手(MVP)を選びました。

投票を行った結果、僅差で柴田くんが選ばれました。

受賞理由は、投手やショートでの活躍もさることながら、
連絡係としてチームをもり立ててくれたこと。

選ばれて当然の大活躍でしたね。

残念ながら柴田くんは、他の忘年会に出席して不参加。

賞状のみ、あとで渡すことにしました。


最優秀投手賞受賞他の個人賞は、年間成績で以下のように決まっていました。

・最優秀投手賞:田中監督 (防御率5.8)

・最多本塁打賞:森川さん (13本)
打撃部門2冠
・最高打率賞:森川さん (.642)

チーム代表お手製の賞状を受け取り、みなさん満面の笑顔(?)です。

第9回HSTでもらったトロフィーも、記念撮影用に持って来ました。


忘年会では、来年の役員も決めました。

これで来年もまた、みなさんと楽しいソフトボールができそうです。

投手で活躍した田中さんと柴田さんが帰国するので、その穴をどう埋めるかが問題。

誰か、ピッチャーをやりたい人、いませんかね?
ラベル:忘年会 受賞
posted by PaPa at 19:06| Comment(0) | KB情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

祝 KB 初優勝!!

11月13日(日)に行われた第9回HSTで、わがKBは念願の初優勝を果たしました。

HST創設時からのチームであり、また運営の主軸でありながら、唯一優勝から見放されたチーム。それがKBだったのです。

元々は若手の男性が主力で、けして上手い選手ばかりではないものの、爆発的な力を秘めたチームでした。
それが足掛け5年という歳月の中で、チームを構成するメンバーも大きく変わってきました。


まずはチームの軌跡を見てみましょう。

・第1回HST 第3位
 2位になったTriam Patに準決勝で敗退。
・第2回HST 第2位
 決勝で初参加のバーディーズに惜敗。
・第3回HST 第3位
 2チームにしてKB-Aで優勝を狙うも、
 2位となったTriam Patni、準決勝で敗退。
・第4回HST 第2位
 同じく2チームで優勝を狙ったものの、
 決勝で四十路に4対3で負け。
・第5回HST 第6位
 運悪く1回戦で強豪四十路と対戦して敗退。
・第6回HST 中止
 赤シャツ隊のデモが原因で途中中止。
・第7回HST 第4位
 準決勝でまたしても四十路に負け。
・第8回HST 第3位
 連続して準決勝で四十路に負け。
・第9回HST 優勝
 決勝でラビッツを破って優勝。

予選リーグではラビッツに破れて3位通過となりました。運が良かったです。
決勝トーナメントは2試合しなければ優勝できません。
まずは四十路と対戦し、積年の恨みを晴らすべく4対5で辛勝しました。
決勝では再びラビッツと対戦し、最終回にMVPとなった村上さんの作越え弾で決勝点となる2点を奪い、裏を守り切って勝利しました。

第9回HST優勝帰任したかつてのエースの渡辺さんも、この大会に合わせて来タイして参加。大いに盛り上げてくださいました。
また、この大会を最後に帰国することになるという今年参加したばかりの若い尾崎くん岡崎さんペアも、大きな声を出してチームに活を入れてくれました。
そして新たな恋人が声援を送る中、普段はひょうひょうとしている村上さんの狙いすました一発。これがMVPの決め手となりました。
また汚名を雪ぐがごとく、レフトから矢のようなバックホームでランナーを刺した小山さん。その後の「どうだ!見たか!」と言わんばかりのポーズにシビレましたね。
それ以外のメンバーも、守備でダブルプレーを連発するなど、チーム一丸となっての戦いでした。


これで念願の優勝ができたので、今度はTriam Patさんにエールを贈りたいですね。
第1回大会から参加していて、優勝がないのはTriam Patさんだけですから。
フレー!フレー!
ラベル:優勝 大会
posted by PaPa at 22:14| Comment(0) | KB情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第9回HST

第9回HSTは、2011年11月13日(日)に、恒例のアーミーグランドではなく、いつも練習で使っているラビッツ球場で行われました。

こういう事態になったのは、長期的な洪水被害によるものです。
アーミーグランド自体は浸水被害に合わなかったものの、そこへ行くまでの道路が冠水し、大会4日前でも大型車のみ通行可という状態。
すでに強行開催を決定していたものの、さすがにアーミーグランドは無理と判断し、ラビッツ球場に変更となりました。

洪水の影響で、参加チームは当初の9チームから5チームへと少なくなりました。
メンバーの多くが所属する会社の工場が水没して、ソフトボールどころじゃないというチームもありました。
また、メンバーの住宅が浸水被害にあったチームも多かったです。

そんな中で、中止か実施かで悩みました。
仮に延期したとしても、参加チームが増えるとは思えません。
それなら、参加できるチームがある以上、参加できる人だけで大会を実施しようと決めたのです。
この判断には異論もありました。でも、被災していない人まで一緒に意気消沈していても、誰の役にも立ちません。
そう考えることにして、大会を行うことになったのです。


変則的なトーナメントになりました。
午前中は、5チームが2試合ずつ行なう予選リーグです。
そして午後は、上位3チームによる決勝トーナメント。併せて下位2チームによるブービー賞レースも行われました。

その結果、常に優勝候補とされながらも優勝から見放され続けてきたKBが、初優勝に輝きました。
強豪の四十路を破っての勝利は、参加チームが少ないながらも意味があるものです。


こうして、第9回となったHSTも無事に幕を閉じました。
昨年は赤シャツ隊の騒動があって途中中止になりましたが、今回も洪水で中止の危機。
そんな困難を乗り越えながら、へたくそソフトボールの精神を残そうと頑張っています。

hst9th.jpg

第9回HST結果と反省.pdf
posted by PaPa at 21:19| Comment(0) | HST関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする