あなたも、一緒にソフトボールをやりませんか?

お申し込みは こちらへ

2013年03月25日

バンコクで少年少女ソフトボール教室

バンコクで、小6から中学生を対象とした、少年少女向けのソフトボール教室が開催されます。

・ブログ:「バンコクソフトボール(小6・中学生)」

softball_kyoshitsu.jpg

詳細は上記のブログに書かれていますので、そちらをお読みください。


実はこのソフトボールは、へたくそソフトボールのチームに参加されてる方が主催されるもの。

日本でも少年少女向けのソフトボール教室をされていたそうで、ソフトボール指導者の資格も取得されているそうです。

バンコクでもぜひ、子どもたちにソフトボールを楽しむ機会を与えたいということで、計画が実現することになったのです。


今のところ、第1回が5月25日(土)、第2回が6月8日(土)の予定になっています。

それぞれ、午前中の9:00〜12:00を予定していて、希望者には送迎も行うとのこと。

※5月25日は、人数が集まらないために中止になったそうです。


タイではソフトボールや野球はメジャーではないため、道具を揃えるのも大変です。

しかし、日本人にとってはお馴染みのスポーツ。

ぜひこの機会に、お子さんにのびのびとソフトボールを楽しませてあげませんか?
 
posted by PaPa at 16:57| Comment(4) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

第12回HST

第12回HSTは3月10日(日)に、恒例のアーミーグランドで行われました。

今年は1月下旬に雨の日が続くなど、乾季とは思えないほどよく雨が降っていたので、天候が心配されました。

この日もラムカムヘンなどバンコクの東側では雨が降ったようですが、幸いなことに中心部はまったく影響がなく、無事に大会を行うことができました。

朝の練習今回は9チームが参加したため、変則的なトーナメントとなりました。
午前中は、A面4チームがトーナメント形式で予選を行い、B面5チームはリーグ戦方式で予選を行いました。
AB面の上位2チームは、午後から決勝トーナメントで優勝を争います。
それ以下のチームも、午後は順位決定戦に臨みます。
少ないチームで3試合、多いチームだと4試合という形で大会を行いました。

ピッチャー決勝戦は、前回大会に続いて、またしても「四十路 対 KB」という対戦になりました。
今回の大会を最後にチームを去る主力メンバーが3人いるという四十路の想いが勝り、KBに競り勝ちました。

5回目の優勝、おめでとうございま〜す!!!

バッター中間賞の第5位は、緑の軍団のオービーズ、ブービー賞は1勝もできなかったけどイーグルスでした。
組み合わせの妙で、予選リーグで1分けしている54ニョッキーズが最下位となりました。
その1分けは第2位のKBが相手ですから、けして弱いチームではないのですけど。
ピッチャーまた、3勝1敗という好成績をあげながら、ラビッツは第7位でした。

予選リーグでは、ラビッツ、バーディーズ、Triam Patの3チームが1勝1敗で並んだのです。
勝ち点で並んだ場合は直接対決の結果で順位を決めるというルールがあったため、ラビッツはB面第4位となったのでした。
バッター「バーディーズ 対 ラビッツ」はバーディーズの勝ち、「バーディーズ 対 Triam Pat」はTriam Patの勝ち。
この結果、Triam Pat > バーディーズ > ラビッツという順位になったからです。

CATS&DOGSは、決勝トーナメントでKBに逆転負けしたものの、Triam Patとジャンケンをして勝ち、第3位となりました。
ピッチャー第4位はタイ人だけで臨んだTriam Pat。第6位はバーディーズです。

今回もバーディーズさんから、味の素製品をたくさん提供していただきました。
事前にリクエストがあったドレッシングを、バーディーズさん以外の8チームに団体賞として渡しました。
バッターラッキードローでは、なぜかCATS&DOGSのメンバーばかりがたくさん引かれました。
けれども、閉会式に残っていたのが5人ほどだったので、そのたびに引き直しになりました。
まったく引かれなかったチームもあったのに、あのクジ運の強さは何なのでしょう?

ということで、今回も無事に大会が終りました。
変則トーナメントでわかりにくかったと思いますが、みなさんが協力してくださったお陰で、楽しい一日となりました。
次回、第13回HSTは11月10日の予定です。
またみんなで、暑いバンコクでのソフトボールを楽しみましょう!

閉会式閉会式
記念撮影
 
※今回の大会の参加費が560Bほど余っていましたが、3月11日に「FRIENDS OF ASIAN ELEPHANT」という傷ついた野生の象の保護活動をしている団体に寄付しました。
野生の象の保護活動をしている団体への振込み
タイは、象を大切にする国ですから、少しはタイの役に立てたのではないでしょうか。
 
posted by PaPa at 14:02| Comment(0) | HST関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする